• m_koudo

神保町 〜農文協 農業書センター〜


農文協_1

 前回の続きでーす。岩波ホールのスタッフに教わった本屋さんへ寄ってみることにした私たち。

 ホールのお隣のビルに行ってみると、1F入り口は完全にドラッグストア。ここに本屋ー? 階段を登ると2Fに看板が…。「農文協 農業書センター」、確かにあるようです。

 3Fに到着。けっこう広々してます。入ってすぐの書架にみつばちフェアのスペースがありました。

 一番先に目をひいたのは、なにやら古文書のような『蜂蜜一覧』。


農文協_2

 と思ったら本気で古文書(復刻版)でした。おそるべし神保町。店長さんがどうぞどうぞと中を見せてくださいました。巣箱が高床式住居みたいです。


農文協_3

 店内は農業はもちろん、植物、生物、食、暮らしにかかわる本や雑誌がたくさんあります。  食に関するマニアックな雑誌もすごーく充実していました。私の好きな農文協さん発行の月刊誌『うかたま』はもちろんのこと、明治に創刊した歴史ある専門誌なども。このコーナーだけでもまた来たい。


農文協_4

 インパクトのあるポスター。ハンターの情報誌なんてあるんですね。


農文協_6

 種も売っていました!作っているのは『じねん道』さんという自然農法を実践されている方で、自然農法の提唱者福岡正信さんのお弟子さんなんだそうです。日本ではもう貴重な自家採取の種まで本屋さんで買えちゃうなんて。


農文協_5

 蜜源植物の種もありますね。

 こういう本屋さん好きです。食、農、自然に興味のあるかたは長居確定ですね。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ