• m_koudo

Indesignでのアウトライン化


ボランティアのほうの“アースデイ東京タワーボランティアセンター”の広報誌。

土と平和の祭典ではカラーで登場しました。

祝、初カラー♪ 

やっぱりいつものモノクロとは見栄えが全く違います。

いつもはスタッフのノリさんががんばって、こつこつプリンターで出力してくださっていたのですが、

今回は量が多いので業者に出すことになったのです。

作り手として嬉しいことですが、入稿には一苦労ありました。

業者さんから、文字をすべてアウトライン化すべしとのおたっし!

しかしわたしがこれに使っているソフトはIllustratorではなくIndesign!

アウトライン化は部分的にしかしないのが普通です。

4号ぶん16ページいっきょアウトライン化なんてのは未経験。

一応その業者さんに再度確認したのですが、やはり同じ回答。

おそるおそる全部アウトライン化してみたところ、

不具合続出!!

○テキストボックスに塗りを設定しているところの色が消える。

○段落罫線が消える。

○文字の縁に塗りを設定している部分、塗りが縁より外ではなく内側にくいこむ。

はぁ〜〜

ちまちま直すことになり自分もたいへんでしたが、

当然業者さんに検版でたいへんな苦労を強いることになりました。

しかも結局つぶしきれずに色校。

文字ボックスの選び方を変えることで、安全にアウトライン化する方法もなくはないのですが、

それだと文字情報が一部残るという問題が出ます。

結論として、

Indesignでの全面アウトライン化はやめましょう〜〜。

最近はIndesignからPDFにしたものを納品することもよくあります。

やり方は簡単。

PDFを作る際にX-1aという形式を選び、

文字はすべて埋め込みにし、画像は高画質に設定。

データも軽いし、業者さん側も開くのが楽。

ただし! Indesignで透明を設定しているところは設定がとぶそうです。

たまたま今回の業者さんはPDF納品の経験がないところだったので、

納品後にですが、私からPDF納品を提案しました。

次回があるかはわかりませんが、一応今後にそなえて。

話し合いの結果、PDF納品テストをすることになり、X-1aで書き出したPDFを送ったところ……。

先日、問題なしとの返事をいただきました♪ ほっ

 Indesignでのアウトライン化で、

こんなに変わってしまうものとは知りませんでした。

IllustratorとくらべてIndesignは、大量の文字をすばやく効率的に処理することに長けています。

文字まわりの使い回しもしやすいように、細かい設定を文字や文字BOX自体にかけられる機能も充実しています。

例えば罫線の情報を段落の間に埋め込んだり、段落スタイルを割り当てて設定を一括処理したり。

最初の作り込みはめんどうだけど後々助かる機能満載♪

文字が多いページものなら、イラレで作るよりも速くてきれいです。

しかしその設定が、アウトライン化すると解除されるものがあると今回わかりました。

アウトライン化はTrueTypeフォントを使っている部分だけにとどめたほうが良いようです。

正直言って……、お仕事でないときで良かった。

いい経験をさせてもらいました。

もし今後仕事で、似たような業者さんにあたる時がきたら、

堂々とPDF納品を主張できますからね。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ