• m_koudo

血中ラテン濃度


kamomekamome

先日、第3回アースダイアログ『食&農のシフトと私たちの選択』に参加しました。

食&農に関心が高く、さらに危機感をもっているような人たちが集まっていました。

そこで心に残った言葉

「〜血中ラテン濃度が高いほど幸福を感じる力が高いと考えているのですがどう思いますか?」

私のとなりにすわっていた方が、質疑応答コーナーで立ち上がってパネラーの先生がたに投げかけた質問。

その方は中南米を歩き回ってきたそうで。

そこにはとんでもない貧困と陽気さが同居している空気があるらしい。

会場のおおまじめな雰囲気がふっとなごみました。

パネラーの吉田太郎先生が、

「それはぜひ、国家政策として社会システムを研究していくべきだ。」とのりのりで答えていたのがよかったです。

「血中ラテン濃度」

はじめて聞いた言葉ながらとても納得。

わたしも田中も歌ったり踊ったりは苦手なほう、かなり濃度は薄いと思われる。

キューバで急激に濃くしてこようと思います!

写真は中南米とは関係なし、初島航路で撮ったものです。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ