• m_koudo

家に帰るまでが遠足です。 続・楽天スマートペイについて

みなさま、こんにちは 田中の方です

今回も楽天スマートペイについて書いてみようと思います 相方から僕がここまでこのサービスに注目する理由がわからないと言われましたので説明してみようとおもいます

どこから説明し始めたらよいかちょっと迷うのですが

「お金とは何か?お金の在り方がどう移り変わってきたか?」

ということが僕にとって20歳ぐらいからテーマでしてこれはずっとこれからもテーマであり続けると思っています

地域通貨の運営をしてみたりその過程でアースデイマネーさんと出会い、アースデイマーケットの運営に関わったりといままでつながってきています

このような関心のなかで決済の方法にも注目してきました

クレジットカードはユーザーからすればもはや現金と同じような使い勝手で、それ以上にクレジットという給料の前借りができたり、ポイントが付いたりと付加価値がつく所まで来ましたが、一方でお店の側からすると現金に比べて使い勝手がいいといえるかというとまだもうひと息です

しかし、楽天スマートペイをはじめとした最近のカード決済の仕組みではお店側からの使い勝手が良くなっています

最大の改善点は入金までのタイムラグがほぼなくなったことだと思います

このメリットは自分で商売をしていない人にはわかりにくいと思うのですが

小学校の先生が「家に帰るまでが遠足です。」と言われるとおり、「売掛金が回収できるまでが商売です。」なわけですね

現金払いでやっていたところにカードを導入するとこの回収リスクを背負うことになります

そこはかとない不安と言う名の衣を全身にまとう感覚 ふだん体を動かすのに支障が出ることはなくその存在を完全に忘れかけようとするやいなや、ふとしたきっかけで体の自由を奪いに来るそういう衣 できればけっしてぜったいまといたくない衣、それが回収リスク!

えーと とにかく何が言いたいかというと売掛金は一刻も早く回収したい!というのがすべての事業者の切なる願いです(そして買掛金はできればなるべく遅くに払いたい笑)

そう、その願いに応えてくれるのが楽天スマートペイ! あくる日に入金されるなら負わなければならないリスクは最小限で済みます!

まるで楽天の回し者のようですが、それは半分当たっています笑 じつは楽天スマートペイの中の人と出会ってしまいました

先月のアースデイマーケットからなんと!出店なさってくれています しかも、前回僕が書いたブログを読んでいる! ブログを中の人に読まれることはそれほど珍しいことじゃ無いのですが、連絡をとりあう事もなくいきなり会ってしまうというのははじめてでした


楽天スマートペイ、アースデイマーケット出店

使い勝手が悪く、いろいろめんどくさい、ミッションがどうのこうのとか言っている地域通貨アースデイマネーが流通するアースデイマーケットにとてもスマートな楽天スマートペイさんがやってくるというこの光景に「ああ、これが21世紀かぁ」と感慨に耽る僕なのです

アースデイマーケットの出店者の皆さんにも導入進んでいます! こちらは埼玉県秩父からお越しのながいや農園さん


ながいや農園さん導入

決済方法の進展は、ただの数字(ビット)に価値があると無意識レベルで実感できるようになってしまった私たちの世界観、そしてネットワークの広域化と高速化、それを支えるコンピューターの演算能力の増大がくんずほぐれつでもたらしていてこの流れは物理法則の許す限界まで推し進められることは間違いないでしょう

それが僕たちの幸せにつながるかどうかははなはだ疑問で、ただうろたえて混乱するばかりかもしれませんが、それでも僕はそんな世界に興味津々です ちょっとでも面白いこと何かできないかなぁとずっと思っていきたいですね

というわけであいかわらずまとまりが無いですが 楽天さんに、何かまた書きます! と言ってしまった約束はともかく果たしました笑

前回書いた楽天スマートペイのレビュー 楽天スマートペイ導入しました ちょっと前に書いた売掛金と回収リスクのはなし 簿記の勉強しながら城南電機の宮路社長を思い出す

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ