• m_koudo

マタニティーネタ:スイミング

さいわい、電車で5分ほどの近さの多摩川駅にマタニティスイムができる施設があり、週に1回ほどのペースで通っています。

安産に役立つかどうかの結果はまだこれからですが、いい運動が健康管理とストレス解消に役立っているのは確か!

高齢妊婦のリスクをいろいろ調べてみると、自分でなんとかコントロールできそうなリスクは「妊娠高血圧症候群」と「妊娠糖尿病」。それと「体力不足」の改善。

マタニティスイムは体力がつくことと、こまめに体調をチェックできる点で上記全部におすすめ〜

もともと運動はだいの苦手なうえ、会社をやめてからは歩く機会が激減。ジョギングも嫌い、体力にはまったく自信なし。運動不足には自信あり(^^;

田中も心配していて、わたしがプールに通いたいと言うと大賛成でした「絶対に行ったほうがいい!」。産院の先生も「どんどん行きなさい、動きなさい」となんだか嬉しそうにおすすめされました。

それに引きかえ実家の家族からは「猛」反対を受けました。「プールなんて冷えるでしょ!」

そこまで反対されるとはびっくりでしたが、確かにわたしはすごい冷え性。

とりあえず普通の水着で体験に行ってみたらやっぱり寒い。終わるころには手はしびれるし。終わってからも、髪が乾くまでは冷えて足がガタガタするほどでした。

始めるのが真冬だったらそこでめげていたかも。しかしさいわい夏。

アマゾンで手頃な価格のマタニティ水着を購入。メンズサイズの半袖ラッシュガードも購入。セパレートタイプの水着のすそをウエストにインして上からラッシュガードを着るとだいぶましになりました。

そして何度か通ううちに、なれたのか冷えは気にならなくなりました♪

血圧のほうは低くて上が90に達しないことも多いし、糖尿病も近い身内にはいないからあんまり心配ない? そう思って助産師さんに聞いてみたら、ふだん低血圧な人でもいきなり高血圧になる場合があるそうです。糖尿病は甘いものを食べなければいい話なんでしょうけど、妊娠してから前よりも甘いものが好きになってしまった(^^;; 油断はできない。。

プールでは毎回レッスンの前後に血圧を測ります。毎週こまめに血圧をチェックしてわかってきたのが、わたしの低血圧はどうにもこうにもゆるぎそうにないこと。今ではすっかり安心しています。糖尿はずっと心配しつつ甘いものもやめられずですが今のところ大丈夫です。

プールでの運動量は思った以上! 安定期に入るまでは大事に大事にと、すっかり縮こまって過ごしていた身には、跳んだりはねたりと激しい動きにびっくり。こんなに動いてもいいのね、とガラッと気持ちが切り替わりました。ちなみにプールサイドではずっと助産師さんが見守っていてくれています。

跳んだりはねたりというのは「マタニティアクア」のクラスで、泳ぎはなくウォーキングと音楽にあわせたリズミカルな動きが中心です。

いっぽう「マタニティスイム」というさらにハードなクラスもあり、こちらはひたすら泳ぎます。

ある日のメニュー↓↓

けのび 50m ビート板 200m クロール 100m マタニティ泳法 50m 平泳ぎ 100m 背泳ぎ100m いるか跳び 50m 足だけバタフライ 50m 自由 50m 水中座禅 計750mほど

今までこんなに泳いだことはないかも〜。 話すのに息があがるぐらいの運動が適量なんだそうです。

マタニティアクアとスイムは交互に開催されていて、両方に出て良いものの、スイムの参加者はアクアの1/3足らず。さすがに泳げないと参加は無理ですもんね。

実際参加してみるとゆうゆうと泳げる人ばかりで不思議になっちゃいます。

わたしは一応クロールと平泳ぎはできるつもりだったのですが、どんどん置いていかれるのでつい本気になって必死に泳いでいます。先生は「ゆっくり自分のペースでね〜♪」と声をかけてくださるのですが、そうしていると渋滞をひきおこすので無理です。まあいいプレッシャーだと思ってがんばることにしました。

この機会に苦手な背泳ぎをマスターできるかも!と思ったのですが、お腹が大きくなるにつれ溺れそうになる頻度も増すばかりなので、今ではあきらめてビート板でしのぐことにしました。バタフライはさすがに泳げる人が少ないので、逆に差がつかなくて楽です。

どちらのクラスに出ても、全身のめぐりが良くなるのは確か。トイレに何度も行きたくなるのは私だけではないみたい。レッスン終了を待たずトイレに行く人続出。おかげでむくみがあまり無い♪ というか無くなりました。

足がむくむ→痛む→動きたくなくなる→むくむの悪循環は辛いもの。プールは入るだけでも水圧が気持ちよく、身体が軽くなってマッサージされているみたいです。

まあ小さな不調は切りなくありますが、おおむね元気でいられているのはプールのおかげ、先生やスタッフさん達のおかげだと感謝しています。

そんなお世話になっている東急スイミングスクールですが、今週から移転して沼部駅に新規オープンとなりました。うちからの距離は前とそう変わらずです。さっそくピカピカの新施設を楽しみに行ってきました〜

確かに、確かにピカピカでした。が、だいぶ狭くなってしまっていて正直言うとちょっとがっかり。そのうえ前は自然光がたくさん入る明るいプールだったのに今度は昼でもライティングが必要、それでもなお暗め。狭いので音が反響しまくってスタッフさんたちもたいへんそうでした。

以前は広々ととられていた化粧直しのスペースもほとんどなくなっていて、そこを削るんだーとびっくりです。

広いって素晴らしいことだったんだなぁと、失って実感しました。

ただ今度は、施設の前面に広いイートインつきのパン屋さんができたので、次回はそれを楽しみに行ってみるつもり。もう臨月なのであとわずかですが、出産ぎりぎりまで続けてOKだそうです。中には予定日をすぎちゃってまだ来られている方もいました。

そうそう、体重管理に役立つかどうかですが、期待しないほうがいいかもです。一時間ばかり泳いだところでたいしたカロリー消費にはなってないかんじです。むしろ食欲増進でプラマイゼロといったところかな。

交友関係が広がるか。わたしはまったくなしでした(^^;;。挨拶以上に言葉をかわすきっかけって難しいですね。やや残念です。スタッフさんは皆さん明るくて話しやすい人ばかりです。

もうひとつ、完全にわたしの主観ですが、運動後はお腹の赤ちゃんも一緒にリラックスしている気がします。気のせいか胎動がのんびりとなるような。

そんなわけでプールが充実した妊婦生活の足しになるのは確かだと思います。お近くにあって通えそうな方は参考にしてみてくださいね^ ^

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ