• m_koudo

こんな時期ですが保活

区役所で保育園の申し込みをしてきました。 ただいま6月。ふつう保活の時期は年末です。

いろいろな方の手を借りてなんとか繁忙期を乗り切ることができました。 家族、ファミサポさん、一時保育。しかしやっぱり平均的にまとまった時間がとれるのは夜中なわけで、不規則な生活に体調もぐらぐら。急に老けた気さえする。 それでいてこなしている仕事量はもともとの半分ていどなんですよね。 育児は楽しいけど、仕事との両立はやっぱり悩ましい。フリーランス同士の夫婦で仕事も育児もやっていけるか、ある意味挑戦でもありました。結果は厳しい! そもそもわたしの家事能力は高くない。そのうえ娘はかなりのかまってちゃん。仕事は全力で阻止にきます。今後ますますパワーアップする一方だし預け先を見つけないと! 娘も最近は人見知りが減り、預けられることにそんなに抵抗がなく、遊び相手がいるほうが嬉しいみたいです。

区役所に相談に行くと、おりよく新しい保育園が近所にできるという情報を得ました。ひょっとしてチャンス?? さて書類をもらって3日後、やっとゆっくり目を通すと、あらたいへん提出期限まで2日間しかない。 バタバタと書類を準備してぶじ提出できました。ほっ。 大田区の自営向けの書類には、1日のスケジュールを記入する表がついています。 朝6時から夜9時までの、育児・家事・仕事の割り振りを書き込めるようになっています。 そう、わたしの仕事時間は主に深夜。寝かしつけで1−3時間寝てから起き出し、3−4時間仕事をしてからまた少し寝るというもの。 役所の表では足りないので、延長した表を別途つくり記入しました。提出に特に問題はありませんでした。

新しい保育園といっても募集は8名。役所の方からは激戦を匂わされました。ここいらは子供の多い地区です。 無認可に預けて働いているママもいるだろうし、正直あまり期待はしていません。 保育園が見つからなくて、復職さえできないママに比べれば、わたしは恵まれているなぁとは思います。仕事ができるだけありがたいこと。 とはいえ入れないと先が見えず。。


自宅ワーク
0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘とオペラ 「ロはロボットのロ」

先日、3歳半になった娘を連れてオペラ「ロはロボットのロ」を観劇してきました。 オペラです。歌劇です。まだ小さい子供をそんな席に連れて行く機会はなかなかないと言うか、発想としても皆無だったのですが、「NPO法人ぷかぷか」さんからのお誘いで勇気をもらい行ってきました! 「ロはロボットのロ」はぷかぷか代表の髙崎さんが惚れ込んだ舞台だそうで、ぜひ子供たちに観せたいという熱意から、なんと子供は特別にワンコ